台湾お役立ち情報 台湾の生活日記 台湾時代

台湾現地企業の会社をやめますブログ

こんにちは〜なんかちょっとずつコメントいただける量が増えてきてすごく嬉しいです
見ていてくださる人がいるとおもうとがんばろってなります!ありがとうございます!

今日は1年勤めた台湾の現地企業をやめるっていうブログです。

なぜやめるのか

一番の大きな理由は、ネットだけで仕事をしていくためです。もともと私は自分の人生の中で仕事の優先順位が高くなくて、「世界のどこにいてもできる仕事」をしつつ、いろんな国でいろんな体験をすることが目的です。
また、もともと台湾に長居する気はなくて、ちょうどビザの更新期限で、このまま更新したらまた約1年働かないといけないのがムリで、更新しないことに決めました。

どんな仕事をしていたのか

一応所属部署はマーケティングです。市場調査やどうしたら売り上げが伸びるかを考えることがメインかとおもいきや、なんでも屋さんのようにいろんな仕事が舞い込んできました。そのいろんな仕事が忙しすぎて、ほぼマーケティングらしい仕事はありませんでした!マーケの他の台湾の同僚も、「なんなのうちらマーケティングじゃないの!いろんなことやりすぎだし忙しすぎるでしょ!」とよくプンプンしてたのがおもしろすぎていつも笑っていました。

台湾の会社はどうだった?

台湾社会の勉強になりました。噂には聞いていた台湾の会社は社長のワンマンだというのは本当で、私は同僚も大好きだし、社長も好きだけど、社長の考えで納得できないところもたくさんありました。でも、「社長のいうことは絶対だから…」と他の同僚はほぼ諦めていて、お客様に迷惑をかけようが社長が言ったことを実行していくだけでした。また、全員社長には本音は言わず、とりあえずの建前でやり過ごしてるのも印象的です。
でも、社長以外に対しての役職者とは、距離も近いし、何より敬語がないので気軽に話せるのがいいところだと思います。

私は、新しい世界を見れたし、中国語も上達したし、いろんな人の考え方を学べたので大満足です!

中国語が下手な私を雇ってくれて、私が理解できないときも一生懸命話してくれたり説明してくれた同僚や社長には本当に感謝してもしきれないくらいの感謝をしています。

残業はあるの?

あります。私の会社の場合は、部署と状況によりますが、残業はあります。また入社した時は残業代がなかったけど、今は残業代が出るようになりました。
エンジニアの人は土日だろうが夜中だろうだ対応をしているのを、社内チャット内で見ていました。世界中にいるエンジニアさん、本当に尊敬します。

日本と比べてどっちが大変?

私の結論は、「どこの国で働くかの問題じゃなくて、仕事は大変」です。仕事をやってればある程度のストレスあります。また、私は日本で3社経験してきましたが、どれもいい会社で、勉強になったし、仕事のストレスはもちろんありましたが、本当に大好きでした。台湾では2社経験して、同じく仕事のストレスはあります。
日本と台湾どっちがいい?と聞かれても、仕事の内容や従業員数、業界が違うので比べることができません。

なので、日本より台湾のが仕事のストレスがない、と思って台湾にくる方もいらっしゃると思いますが、台湾には台湾のストレスがあります。ある程度覚悟をしてくることをオススメします!

また、台湾人は「日本の会社のがストレス大きいでしょ。」という考えをほぼ100%の確率で持っています。
私が「仕事ストレスー」とかいうものなら、「でも日本のがストレス大きいでしょ!」と返してきます。同僚以外でも初めて出会った台湾人だろうと言ってきます。
ちなみにそういうこという人に限って、日本で働いたことない。日本に対して古い考えの人も多いので気をつけてください。

私がそれを言われたら、「国の問題じゃない。会社や仕事内容で全然違う。台湾もストレスあるでしょ?残業してる人もいるでしょ?同じじゃん」と返しています。
(いまは真面目に返事してるけど、これは真面目に返事すべきなのかいま悩み中w)

今後どうしていきたいか

平日が拘束されなくなったので、時間があって嬉しいです。ネット上で仕事を完結できるようにデザインとブログの勉強をします。また中国語と英語のレベルをあげます。最近いろんな人のYoutubeやブログを見ていて、多くの人が自分より年下なことに気づきました。自分より年下なのに、みんな自分の意見をしっかり持っていて、私が経験したことない経験をしていて、技術もあって。私よりも早く努力をして、いろんな経験をして、とても感銘を受けています。私はいま中国語も英語も中途半端なので、台湾から出る前にはHSK6級取ります。(簡体字勉強しないと)あとは台湾でバイクの免許取りたい!

COMMENT

タイトルとURLをコピーしました