ワーホリ 仕事 台湾でバイト 台湾でワーホリ

【2021年版】台湾ワーホリ|アプリ2種類で仕事を見つける方法

こんにちは!私は2018年から2019年まで台湾のワーキングホリデービザを使って台中に滞在をしていました。

ただ‥一番不安だったのが、肝心のバイトが見つかるかどうか。日本人も仕事のチャンスも多い台北ならまだしも、台中ってどうなの?と思っていましたが、結果的に今回ご紹介する2種類のアプリから3つのバイトを見つけることができました。

1つは台湾の仕事探しサイトとして有名な「104人力銀行」これは、日本のマイナビやリクナビのような、全台湾人が使用している就活サイトです。もう1つは学生がバイトを探す際に利用する「小鶏上工」というアプリです。今回は「104人力銀行」と「小鶏上工」でどのようにバイトを探すかご紹介します。

104人力銀行でアルバイトを探してみよう

104の登録の仕方がまだの方でよくわかんない人は、歴代の先輩方のブログがたくさんあるのでググってみてください!

1.アプリをダウンロードする

下記よりダウンロードできます。

104工作快找

104工作快找

posted withアプリーチ

2.トップページから検索画面へ

画像の虫眼鏡マークがついている検索ボックス「捜尋公司」をクリックしてください。104バイトトップページ

3.検索設定をする

①検索キーワードの設定(例:日本人、日籍、日文、日本語、日本などなど)
②地區:働きたい地域を選択する
③職務類別:もしやりたい職種があれば選択、なければ未選択でOK
④工作性質:兼職(パートタイム)を選択
⑤捜尋GO!をクリック
104バイト検索設定画面

メモ

正社員募集の会社が「バイトやパートタイムでもOKです。」と案内しているところもあります。この場合の多くがオフィスワークですが、オフィスワークのバイトをしてみたい方は、④工作性質:兼職のチェックを外し、何も選択せずに検索してみてください。ただし募集数はかなり少ないこと、ライバルが多く獲得が難しいこと、中国語で案内されている場合が多いことにご注意ください。

4.応募してみる

気になったバイトが見つかったら詳細を確認します。一番下に「我要應徴(応募する)」をクリックすると応募画面になります。応募をする前に中国語で104専用履歴書の作成が必要となります。(今後ブログで書き方をご紹介しますが今はググってみてください。歴代の先輩方が書き方を教えてくれています。)
104バイト詳細画面

メモ

面接連絡は104内のメッセージ画面または、企業が直接履歴書に記入したメールアドレスや電話番号へ連絡をしてきます。

番外編:履歴書は公開設定しておこう

104で作成した履歴書は「公開・非公開設定」ができます。公開設定にすると、企業側からオファーが届きます。私は公開設定していたおかげで、日本語の塾から連絡があり、実際に仕事をゲットしました。

①履歴書の画面に行き「隠私設定(プライバシー設定)」をクリック
プライバシー設定

②「履歴開放設定」から公開・非公開を選択できます。
履歴開放設定画面

小鶏上工でアルバイトを探してみよう

主に台湾の学生さん向けのバイト探し専用アプリです。ドリンクショップやレストランなど飲食店が主で、長期バイトだけでなく短期バイトや夏休み限定のバイトなどもあります。バイト専用アプリのため使いやすくておすすめです。中国語でのやりとりとなりますが、私は中国語初級レベルのときでもこのアプリを使用していました。

1.アプリをダウンロードする

下記よりダウンロードできます。

小雞上工-全台最大打工APP

小雞上工-全台最大打工APP

posted withアプリーチ

検索設定を行う

①検索ボックス検索キーワードを入れる。(例:咖啡廳(カフェ)」)入れなくてもOK。
②地區:働きたい地域を選択
③時段:早番、遅番など希望があればこちらを選択。なければ未選択。

実際に検索した結果がこちら。
小鶏検索画面

あとは希望のバイトが見つかったら応募します。小鶏上工もアプリ内で履歴書の作成ができます。

まとめ

バイトゲットのチャンスがどこに落ちているかはわかりません。できるだけ窓口を広げて、いろいろな方法を試しておくのはとても大事だと思います!今回ご紹介したアプリ2種類は実際に私が台中でワーホリをした際に、バイトを見つけた方法で、実際に台湾人が使用しているアプリです。中国語の勉強にもなるのでぜひ活用していいバイトが見つかりますように。

また、過去に行ったバイトと体験談もブログにしているのでよかったらご参考ください!

PS.ちなみに日本関係のバイトって多いのかな?と思ったことがあり、「韓文(韓国語)」で検索をしてみたことがあるのですが、圧倒的に少なかったです。これを見たときに、「あ、これは絶対なにかしらの仕事見つかるわ」となんとなる気しかしなかったのを覚えています。

COMMENT

タイトルとURLをコピーしました